北九州銀行と近隣の銀行

北九州銀行の主要の営業範囲である北九州市は、都道府県庁所在地ではない市として日本で2番目の規模の地域で、人口も100万人弱います。それだけ大きな都市でありながら、北九州銀行開業前まで地元に本店を置く銀行がありませんでした。そんな中、地域の人々から地元の銀行を作って欲しいという強い希望があがり、その声が実現してできたのが北九州銀行です。

北九州銀行設立のおかげで、地元の人々は便利なマネーライフが送れていますが、その反面で周辺の金融機関は緊張感を高まらせています。同じ福岡県内には福岡銀行・西日本シティ銀行・筑邦銀行・福岡中央銀行の4行も本店を置いていますし、多くの信用金庫や信用組合もあります。また、都市銀行や近隣の県にある地方銀行の支店もたくさんあります。ただでさえ激戦区なのに、新たな銀行が設立されるとなれば顧客の争奪戦に拍車がかかるのは当たり前ですよね。ですから、それぞれの銀行では様々なサービスを提供してその銀行ならではの特徴をアピールしています。

北九州銀行では、山口銀行ともみじ銀行の2行とATM相互利用の提携をしており平日の時間内なら手数料無料、時間外や土日祝日は108円になります。更に、条件によってはこれらの手数料が無料になる優遇サービスもあります。また、YSネットサービス(山口銀行・北九州銀行・山口県内の信用金庫が加入しているサービス)を提携している金融機関のATMでの利用も手数料無料(時間外と休日は108円)です。

それ以外では、ゆうちょ銀行・イオン銀行・セブン銀行ATMとイーネットATMでも北九州銀行のキャッシュカードが使えます。ATMマップなどの詳しいATM情報はホームページで検索できます。北九州銀行の支店は全国に32店舗ですが、県外は長崎県・大分県・熊本県に1店舗ずつしか支店がありません。そのため、県外を出てしまうと若干不便かもしれませんが、地域との関わりを意識した銀行ですから、県内ではATMコーナーが充実しており、銀行窓口でも決め細やかな対応をしてくれる地元想いの銀行です。ATMでは定期預金の申し込みやローンの返済も行えるので、上手に活用すればとても便利ですよ。