北九州銀行の地域密着型金融

北九州銀行では、地域の皆様と一緒に地元を良くしていこうという強い意思のもと、地域密着型金融に力を入れています。地域密着型というのは、いつも銀行を利用してくれている地域の方々や、周辺地域の企業などが便利に、快適に暮らしていけるように銀行がサポートしていくことを目的とした活動のことです。具体的には、企業と企業を結びつけるような展示会やイベントを開催して、北九州市外や福岡県外に広がるネットワーク作りの手助けをしています。

このような取り組みは、山口ファイナンシャルグループ(YMGF)全体の活動として行っているので、山口銀行ともみじ銀行もイベントなどに参加しています。そのため、より広い範囲の情報を得ることができます。こういった金融手法ができるのは、地元で強いネットワークがある地方銀行ならではの強みです。地元の企業が活気付けば、町全体が活性化され、経済発展に繋がっていきます。

もちろん、企業を結びつけて終わりではなく、その後の経営の方針や事業展開のアドバイス、融資の相談なども親身になって行っています。グループでは、YMFG地域密着型金融と称して地域密着型金融推進計画を立て、グループビジョンを明確にしています。他にも、豊かなまちづくりの一環として、プロサッカーチーム「ギラヴァンツ北九州」のスポンサーとなってスポーツの振興を支えています。また、小中学生を対象としたイベントを開催して、銀行に興味を持ってもらうような活動も行っています。

こういった活動は意外と多くの金融機関で行われています。それぞれの地域事情があるので活動の内容は異なりますが、身近な場所での活動が「実は○○銀行が協賛していた」「△△金融グループがスポンサーだった」ということはよくあるので、最寄の金融機関のホームページや支店の掲示板などを見ると紹介されているかもしれません。金融機関は堅苦しい印象がありますが、窓口でのサービス以外の新たな一面を知ると、親近感が湧きますよ。